消費電力の高いものからエコ家電に切り替えよう

梅雨に向けて除湿対策はいかがでしょうか。消費電力の気になる除湿機こそエコ家電にして省エネに貢献しましょう。

消費電力の高いものからエコ家電に切り替えよう

消費電力の気になる除湿機こそエコ家電にして省エネに貢献しよう

梅雨に向けて除湿対策はいかがでしょうか。じめじめした環境は健康にも被害を及ぼしますので、なんとか除湿対策を立てたいところです。ただそのために電気をたくさん喰うのは問題です。除湿機で長時間除湿しますと、それだけ電気を消費してエコには反してしまうという問題が出てきてしまいます。今はエコブームでエコ家電が次々と登場してきています。ムダに電気を消費してしまうという問題をうまく解決するために、消費電力の気になる除湿機こそエコ家電にして省エネに貢献するべきなのです。現在使っている除湿機と店頭で売られているエコ家電の除湿機の消費電力を調べてみましょう。両者に著しい差が見られたら買い換えることで電気代の低減効果が期待できます。実際目で見えるカタチで節約になるようでしたらうれしいですよね。

梅雨の時期や花粉の時期に部屋で衣類を干す時に除湿機を利用するのはメリットがありますよね。洗濯物の乾燥を目的にするのもありです。花粉の時期はどれだけ天気が良くても外に干せませんよね。特定の季節に限定されていますので、除湿機を使ってその時期だけしのぐのもいいのでしょう。除湿機の仕組みはいくつか方式があります。コンプレッサー式は空気を機械的に冷やすことにより気化した水分を水にして取り除く方法になります。エアコンの除湿機能と同じ方法で、室内温度が低い場合は効率よく除湿することが難しくなります。コンプレッサーがあるため動作音の元にはなります。デシカント方式は乾燥剤で空気中の水分を吸着させ水分を取り除く方式です。

コンプレッサー式とは違い室内温度が低い場合でも除湿することができます。コンプレッサーがないため動作音は静かになります。ただ乾燥剤で吸着させた水分をヒーターであたため、さらに冷やして水に戻して回収する構造のため、プロセスの中で熱を発するのが問題です。結果として室温を上げる可能性があります。ハイブリットタイプはコンプレッサー方式とデシカント方式を融合させたものです。両方の長所を活かせるようにしています。

関連キーワード

Copyright (C)2019消費電力の高いものからエコ家電に切り替えよう.All rights reserved.